ペテン師の国 ヤクザの帝国 バブルの暗黒編 ベンジャミン フルフォード

コンディション: 良い / Condition: Good


出版社 / 著者からの内容紹介
国民を搾取し続けるペテン師たち(政・官・財)。
全てのモラルが崩壊したバブルの闇の中、新たにヤクザが加わり、「鉄の四角形」が完成した!
米NO.1経済誌『フォーブス』元アジア太平洋支局長ベンジャミン・フルフォード原作。
この書を読んでも、あなたはまだ黙っていられるのか?

内容(「BOOK」データベースより)
テレビ・新聞―洪水のような報道で真実はかき消される。コミックというシンプルな表現だけが真実を体感できる―。今の日本の混乱の原点はバブルにある。あの時、日本は何かが変わった。バブルはなぜ起きたのか?バブルは放置しておくべきだったのか?なぜ、ヤクザが表社会に進出してきたのか?6千8百億円の税金を投入した住専問題・3千億円のカネが闇に流れたイトマン事件の真相は?カナダ人ジャーナリストが見た“泥棒国家”日本の真の姿―。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
フルフォード,ベンジャミン
フリージャーナリスト。1961年カナダ生まれ。上智大学比較文学科をへて、カナダ・ブリティッシュ・コロンビア大学卒業後、日本でジャーナリスト活動に入る。米紙の東京特派員、米経済誌『フォーブス』アジア太平洋支局長などを歴任。民主主義・法治主義の貫徹している欧米の視点から、“第2の祖国”日本の闇を鋭くえぐり出す

早見/恵
1969年生まれ。神奈川県出身。東京大学卒業後、NHKに入局、ドラマ制作に携わる。NHK退局後、マンガ家の道を志し、ちばてつや賞(講談社)などで入選・佳作などを7度受賞。『週刊モーニング』でデビュー後、各誌に読み切り・連載作品を描いている

土井/洸介
1948年生まれ。愛媛県出身。明治大学工学部中退。雑誌編集者を経て、月刊誌・週刊誌の専属記者となる。その後、中国情報紙『チャイニーズ・ドラゴン新聞』の創刊に参画し、デスク・編集長をつとめた。現在はフリー。政治、経済を主たる取材分野としている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
販売価格 180円(内税)
購入数


Ranking

Top